プロバイオティクスが豊富に含まれている健康飲料コンブチャ(紅茶キノコ)

healthy kombucha生活

アメリカに来てちょっとびっくりしたのが、多くの人が”コンブチャ”という単語を知っていること。
コンブチャと聞くと日本人なら昆布茶を想像してしまいますよね。
私もそうでした。
でもアメリカでは全然違うんです。
アメリカでいうコンブチャとは、プロバイオティクスが豊富に含まれている発酵した飲み物なんです。

昆布茶・・ではなかったんですね


コンブチャとは

コンブチャとは、ちょっと甘く酵母と砂糖とお茶からできている発酵ドリンクの事です。

日本語では紅茶キノコというらしく、2~30年くらい前にも日本で流行っていたそうです。
私は見たことも飲んだこともないですが、名前だけは聞いたことあります。

紅茶キノコと聞いてどんなものだろうと興味はわいたけれど、名前からはあまりおいしそうなイメージを抱かなかなったので、あえて知ろうともしませんでした。

その紅茶キノコが何年前かくらいからアメリカで結構なブームになっています。

なぜかというとコンブチャは強力な発酵食品で、健康のために飲んでいる人が多いんです。

普通にスーパーなどでもコンブチャコーナーがあり、一本500mlくらいのボトルに入っていて3~4ドルで売っています。

味も様々ありどれも微炭酸で程よい甘さがあり、昆布茶から連想して飲んだ私はあまりにおいしくてびっくりしました。

コンブチャは自宅で作れる

このコンブチャ、実は自宅で作ることもできるんです。

材料は
お茶(なんでもいいようですが、緑茶が一番抗酸化作用があるからと勧められています)
砂糖
SCOBY(マザー株)

これさえあれば無限に作り続けることができます

日本でも昔”紅茶キノコの作り方”という本が出ていたと思います。本を参考にしてもいいし、今はネットで何でも調べられるので、ネットでググってみるといろいろ出てくると思います。

私はお店で売っている、味のついてないシンプルなコンブチャを買い、そこからマザー株を育てました。

マザー株は知り合いからもらったりお店で買ったりもできます。

マザーを作るのに6週間くらい、そこから飲料用のコンブチャを作るのにまた4週間くらいかかりました。

最初は時間かかったけれど、今は炭酸出したい場合は少ない発酵の方がいいと分かったのでだいたい10日くらいで完成します。

砂糖が入っているのでちょっと甘く、発酵が進めば進むほど酸っぱくなっていきます。

自分の好みの味になったら第一次発酵終了です。

ここで終わりにして飲んでもいいし、フルーツやジュースなどを混ぜてボトルにつめてさらに発酵させていく第二次発酵に入ってもOK。

うちの場合はいつも第二次発酵をするんですが、その際マンゴジュースを使います。

最初のころはブルーベリーやラズベリー、しょうがレモンなどいろんなものを入れてみたんですが、ボトルを洗う際にものすごくめんどくさかったので今はジュースに落ち着きました。

マンゴジュースと第一次発酵したコンブチャを混ぜてボトルに詰めてそのまま3,4日待つと結構微炭酸飲料に変化しています。
二次発酵の際にはキャップをしめてあるので、発酵しすぎると爆発する可能性があるので注意。

コンブチャ作りはとても簡単なのですが、ひとつだけ気を付けなければのが、雑菌が入り込んでしまい間違って悪いコンブチャを飲んでしまうこと。
それを防ぐために道具や入れ物などは煮沸したりアルコールで拭いたりして雑菌がつかないようにしましょう。

コンブチャ作りの記事はこちらから

マザー株がないよという方はこちら

第一次発酵終わってるよという方はこちら

コンブチャで酔っぱらう?!

Photo by Erik Mclean on Unsplash

でもコンブチャ、実は発酵するさいに微量のアルコールがでるようで、お店のコンブチャにも

微量のアルコールが含まれています

と書かれています。

自宅で作る場合はアルコール量が少し増える傾向があるそうなので、そこは気を付けなければならないかもしれません。

私も自分で作ったコンブチャを飲むとちょっと酔っぱらったような感覚になる時があるので、そんな時は子どもには飲ませない方がいいですよね。

いろいろ調べた結果、2次発酵の際の炭酸の量が関係しているとあったので、子どもに飲ませる場合は発酵があまり進んでいないものの方がいいのかもしれません。

セレブのリンジー・ローハンが飲酒運転で捕まった際に、

私は酒は飲んでないわ!コンブチャを飲んだだけ!

と言っていたのも有名な話ですよね。

本当にコンブチャでそんなに酔っぱらうとは思えませんが、でも少量でもアルコールが入っているということは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

コンブチャを飲むとどうなるの?

コンブチャは発酵飲料で、豊富なプロバイオティクスと抗酸化作用があり、脳や心臓、そしてとくに腸内の状態を改善してくれると言われています。

コンブチャに含まれている良いバクテリアは腸内環境の改善に良く、飲み続けることで腸内を良い状態に保つことができます。

最初のうちは腸内の状態が良くないと、コンブチャを飲み始めると下痢したりすることがあるかもしれませんが、それは好転反応が現れているだけなので心配しなくても大丈夫。でも身体に合う合わないがあるので、しばらく飲んでもそのままの状態なら身体に合ってないのかもしれませんね。

ネズミの実験ではコンブチャは30日で心臓に問題があった状態が改善したとありました。ネズミのコレステロールの値が良くなったそうです。

アトピーも改善したともありました。腸内と肌の状態ってつながっているので、腸内環境が改善されたらアトピーが治るのも納得できます。

うちの子はたくさんアレルギーがあったのですが、コンブチャを飲み始めてしばらくしたら多くのアレルゲンが大丈夫になって、アレルギーも改善されたと感じます。

アレルギーも腸内のリーキーガットが問題の一つだと言われているので、腸内が良くなればよくなるのもわかります。

脳と腸内環境の密接なつながりもあり、自閉症の子が腸内改善をしたらだいぶ自閉症の症状がよくなったとも読んだことあります。

このように、コンブチャの良いところは腸内環境を整えてくれること。それに伴い身体の状態が良くなることだと思います。

アルコールに弱い方でない限り、コンブチャの効能試してみるのもありかもしれませんね。

テレビでも紹介されたコンブチャ

今日も読んでいただきありがとうございました。

Photo by Athena Kavis on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました