まもなくバレンタイン!アメリカではバレンタインと言えば何をするの?

生活
happy valentines day!

もうすぐ2月14日、バレンタインですね!

日本同様アメリカも、お店に行くとバレンタイン用に赤やピンクの品物が置かれたバレンタインコーナーが設けられています。

でも日本とちょっと違うのは、アメリカではチョコレートが主ではないこと。

アメリカのバレンタイン

アメリカではバレンタインは好きな人やクラスメイトやお世話になってる人などに、あなたのことを想っていますよという想いをこめてカードやプレゼントなどを渡したり、カップルはディナーに出かけるなどデートをしたりと、やはり特別な日です。

でも日本と違うのは女から男という風に限っていないこと。

日本では(今は違うのかもしれませんが汗)女性が男性に対して感謝や愛の気持ちを伝える日で、普段奥手だったりする人も、勇気を出して自分の気持ちを伝えられるきっかけを与えてくれます。

バレンタインが近づくと男性もわそわしたり、何ももらえないかもとストレスを感じたり、もらってもお返しが面倒で嫌だなと思っていたり、様々な思いがあります。

とっても高価なプレゼントを彼氏にあげる女性も。

ホワイトデーがあるので、3倍返しをもくろんで特に好きでもない男性にプレゼントをしたりする女性もいるそうです(笑)

ちなみにホワイトデーという日はアメリカにはありません。

バレンタインにみないっせいギフトを渡しあったりしてお祝いしたりします。

クラス全員にバレンタイン用のカード

先週うちの子のクラスの先生から

子どもに一人一人クラスの子全員用にバレンタインのカードを書かせてください。

カードは自分で作ってもいいし、スーパーなどのお店にも売ってます。

とEmailが届きました。

かわいい~~~!アメリカではそんなこと学校でやるんですね!

早速スーパーに買い出しに行きます。

スーパーのコーナーにもたくさんバレンタイン用のカードだったりお菓子だったりがおいてあります。

(ごめんなさい、ブログ初心者なものですっかり写真を撮り忘れてしまいます。運よくまた行って写真撮ったらアップします(笑)

クラス全員で20人だからなるべく安く済ませたいな~なんて思っていると、

小さなカードが30枚くらい入って3ドル。

5個で4ドルの棒つき飴を見つけたので、これを20個買いました。

家に帰って作業開始。

りょうくんはカードに自分と相手の名前を書き、私は飴をカードにくっつけました。

20人分、最近ようやく上手に書けるようになったアルファベットで書くのでかなり神経使っている様子。

Mama~~I am tired. Can you write down for me?

と聞いてきますが、私が書いたのでは全く無意味なのでここは休みながらでも書いてもらわなければなりません。

休みながらでもいいよ?また後でやる? 

と聞くと、

No, I want to keep going.

と言って、真剣に書き始めます。

20人分自分の分も含めて、短時間で書き上げました。

できあがりがこちら。

裏側に名前が書いてあります。

本人達成感でいい気分のようだし、私も楽しみです。

バレンタインの本当の意味

しかしなぜバレンタインという日が産まれたんだろうか?という疑問があったのですが、

どうやら歴史をローマ帝国の時代までさかのぼるようです。

バレンタインとはキリスト教司祭の名前「ウァレンティヌス」のこと。

当時結婚すると戦争に行きたくなくなるからという理由で、結婚を禁止されていた多くの若者たちをかわいそうに思い、内密に結婚式を執り行ってあげていたそう。それが皇帝に見つかってしまい、二度とそのようなことはするなとの命令に従わず自分の信念を貫いたために処刑されてしまいました。

その処刑された日が2月14日。その日を後々国民がウァレンティヌスを想いお祈りをする日になったそうです。

ウァレンティヌスは「聖バレンタイン」という聖人として広く知られています。

それで各国でバレンタインと呼ばれるようになったんですね。

もともとはそのような歴史があったのですが、それが日本でチョコレートになったのには

1950年代に、チョコレート業者が、バレンタインにはチョコレートをとの広告を打ったのがきっかけになったそう。

それ以来どんどんとバレンタイン=チョコレートという思想が広がっていきました。

まとめ

若者のロマンスを応援してくれた聖バレンタイン。

このような方がいてくれたおかげで今の楽しい幸せなバレンタインデーがあります。

各国でお祝いの仕方は違えど、元の出来事は一つ。

お祝いを兼ねて、たまには聖バレンタインのことも想ってみるのもいいかもしれませんね。

私も今年はうちの子にバレンタインの起源を話してあげたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございました。

Happy Valentines day!

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました