簡単ピーナッツバターの作り方

生活

ピーナッツバターは好きですか?

私は日本にいる頃はピーナッツクリームというちょっとキャラメルみたいな色の甘いクリームをパンに塗ったりしたことはあったのですが、アメリカ人が好んで食べるピーナッツバターというのは食べたことありませんでした。

アメリカに来たらあまりにも多くの人が普通にサンドイッチにして食べてるのを知ってちょっと衝撃でした。

ピーナッツバターだけじゃなくってほとんどの人がジャムを挟んで食べてます。

ジャムの代わりにはちみつだったりもありますが、基本的に甘いものと一緒にパンに塗って食べるそう。

ちなみにピーナッツバタージャムサンドには結構こだわりがある人も多いんだとか。

以前夫が日本の米軍基地に勤務しているとき、食堂の日本人が作るピーナッツバターサンドにダメ出しをしていました(笑)

なんでもパンにピーナッツバターを完ぺきに余すところなく均一な厚さで塗られていないとダメそうで、

食堂のは塗りのこしがあったりや不均一だったりで愛が感じられなかったのだとか。

そのほかにもピーナツバターの方が厚くないとだめだとかその人によってこだわりがあるようです。

わたしなんか塗り残しや厚さの高低はどうでもよかったので適当にするとダメ出しをされました。

そんなピーナツバター、今まではお店で買ってたのですが、簡単に手作りできるというので最近はいつも手作りにしています。

材料は

  • フードプロセッサー
  • 皮のむかれたピーナツ
  • ピーナッツオイル
  • 塩 少々

これだけです。

まずピーナッツをフードプロセッサーに入れて細かくなるまで回します。

細かくなったらピーナッツオイルを少々いれてまわし、

スムーズになるまで回します。

ピーナツオイルの量は自分のお好みで。

私は様子を見ながらいれて、なめらかーな感じになったらそれで終了しています。

ピーナツの量にもよりますがだいたい大匙一杯~くらいかな?

これで完成!本当に簡単でしょう?!

フードプロセッサーさえあればすぐに簡単にできてしまいます。

みなさんもぜひお試しください。

今日も読んでいただきありがとうございました。

Photo by Tom Hermans on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました