風邪を引きやすいのは〇〇が原因だった

風邪ひきやすい生活

風邪、ひきたくないですよね。

引いてしまったら2~3日寝て過ごすことになったりして、学校や仕事を休んだりして自分にも周りにも迷惑をかけてしまう場合もあります。

私は家にこもってビデオゲームばかりしていたころ、風邪を引きやすかったですね。

一か月に一度は風邪を引いていました。

でもビデオゲームをやめて外で遊ぶようになってからはほとんど引いてません。

そしてアメリカに来て子どもを出産してからはまた結構風邪を引くようになりました。

風邪を引くたびに仕事場へ休みの連絡をするのが心苦しい気持ちになります。

もう風邪を引きたくない!

そこで疑問に思ったのが、なぜ風邪を引きやすい人と引きにくい人がいるのか。

共通点はなんだろう?と。

体脂肪や筋肉量が関係していた

風邪を引きにくい人って体温が高いことが多いです。

もしくはちゃんといい具合に筋肉がついてる。

筋肉って熱を発生させるために必要な器官で、筋肉量が少ないと体が冷えやすいのだそう。

ちなみに脂肪だらけだとあったかいようなイメージを持つと思いますが、

体脂肪って温度の低い組織らしく、体脂肪がどんどん増えると低体温になりやすいそうです。

そして体脂肪が多いほど、体内組織の活性が落ち免疫力低下で風邪を引きやすくなったり、ホルモンバランスが崩れたりするそう。

確かに私が良く風邪を引く状態のときってあまり運動してないときで、筋肉量が落ちて体脂肪だらけだったんだと思います。

外で遊んでいたときはいつも身体を動かしていましたから、筋肉もある程度あったんでしょうね。

筋肉がちゃんとあると風邪も引きにくかったんですね。

体脂肪を減らし筋肉をつける

Image by 5132824 from Pixabay

ということで体脂肪を減らして筋肉をつけるのが健康でいる一番の道のようです。

でも仕事で忙しい現代人、家に帰ってから運動する時間なんてほとんどありませんよね。

ウォーキングも毎日最低30分くらいすればいいそうなのですが

疲れて帰ってきた後に30分も暗い中わざわざ外にでて歩くのも面倒だなと思ってしまいます。

天気の良い休みの日にウォーキングだったら何時間でもできそうですが。

可能な人は仕事帰りに無理やりジムに寄る習慣をつけたりするといいですね。

家の中で気軽にできるヨガはどうなのかな?

と思ったのですが、筋肉量を増やす目的ではそうともいえないそうです。

でもヨガをやった後は結構な筋肉痛になっているので多少は筋肉使ってますよね?

しかもやらないよりはやった方がいいと思うので、

とりあえず時間のない方は家の中でできるヨガやダンベルを使った運動をするのが効果的じゃないかと思います。

かわいいダンベル(アメリカ)

かわいいダンベル(日本)

30日間お試し100円でできるオンラインヨガ

家から徒歩0分のヨガスタジオ

まとめ

世間で言われている手洗いなど、ちゃんと実践していたって結局は自身の免疫力の状態次第なんですね。

免疫力が低ければ、世間で言われる風邪予防すべてのことを実践していたってどこからか風邪をもらってきます。

一番大事なのはやはり自分の身体のメンテナンス。

身体にいいものを食べて栄養をきちんと取り、適度な睡眠と運動をしてこそいい免疫を保つことができます。

というわけで、私も多少の風邪菌にも負けない身体づくりをすることを心がけたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございました。

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

コメント

タイトルとURLをコピーしました